CLOMO MDMがスターフライヤーのiPad管理に採用

株式会社アイキューブドシステムズ

From: PR TIMES

2023-09-27 15:46

iPadとCLOMO MDMを活用したアルコール検査システムの構築を実現

エンタープライズモバイル管理ソフトウェアを提供する、株式会社アイキューブドシステムズ(本社: 福岡県福岡市、代表取締役執行役員社長 CEO: 佐々木 勉、以下: アイキューブドシステムズ)は、モバイル管理ソフトウェアサービス「CLOMO MDM」が、株式会社スターフライヤー(所在地: 福岡県北九州市、代表取締役社長: 町田 修、以下: スターフライヤー様)において乗務員の業務に導入されたiPadの管理に採用されたことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]


■スターフライヤー様のモバイル端末活用の概要
スターフライヤー様は2006年、新北九州空港(現名称:北九州空港)の開港とともに羽田空港との路線運航を開始しました。

同社では、運航乗務員や客室乗務員にiPadを配布し、業務に活用しています。また、安全対策の一環で、乗務員や整備士などを対象に実施しているアルコール検査システムでも、iPadを活用しています。

■「CLOMO」を選んだ理由
従来、iPadの管理には他社製のMDM(モバイル端末管理)を使用していましたが、サポート対応の手厚さを評価いただき、「CLOMO MDM」の導入に至りました。

「CLOMO MDM」は、モバイル端末管理を行う上での専門知識がなくても、安心して運用することができます。同サービスを開発・提供しているアイキューブドシステムズでは、専任チームがサポートに当たり、サービスに対する不明点や使い方に悩むことがあっても、解決するまで丁寧なサポートを提供しています。また、追加機能や便利な活用方法などに関するセミナーも定期的に開催しており、サポート体制が充実しています。

■導入効果
[画像2: (リンク ») ]

同社では、iPadと「CLOMO MDM」を導入したことで、業務改善が実現し、これにより従業員の業務負担が軽減され、生産性が向上しました。

例えば、同社が実施していたアルコール検査システムでは、検査に立ち会うスタッフが各地に必要でしたが、iPad導入後は、ビデオ通話などのコミュニケーションが行えるTeamsのアプリを使用することで、リモートで検査内容を確認でき、業務効率化が実現しています。

また、「CLOMO MDM」を使うことで、常に空を飛び回っている乗務員のiPadへ、事前にアルコール検査アプリの配信をするなど、検査に必要な設定を行えるため、検査を担うスタッフの負担も軽減されました。加えて、iPadを紛失した場合でも、場所の特定や第三者が利用できないよう遠隔ロックをすることができ、セキュリティの担保にもつながっています。

▼詳しい導入事例はこちら
URL: (リンク »)

今後もアイキューブドシステムズは、「CLOMO MDM」をはじめとする各種サービスの機能強化やサポートサービス向上により、お客様が安心してモバイル端末をご活用いただける環境づくりを支援することで、お客様の変革や挑戦を支えてまいります。

■「CLOMO」について
「CLOMO」は、日本初(*1)のiOS向けMDMサービスとしてサービスインした後、マルチデバイス・キャリアフリーのMDMサービスとして、大林組様、東京海上日動火災保険様、佐賀県庁様、桐蔭学園様、東京慈恵会医科大学様など、多種多様な組織に導入されており、日本国内のモバイル管理(MDM)市場で12年連続シェアNo.1(*2)を達成しています。
また、「CLOMO」は、Apple社の「Volume Purchase Program(*3)」や「Device Enrollment Program(*4)」に国内最速で対応するなどiOSデバイスの管理、活用に強みを持ちつつ、Androidデバイス向けでは、「Android Enterprise Recommended」を取得(*5)、Windowsデバイス向けでは、日本国内のMDMベンダーで唯一、日本マイクロソフトと協業(*6)するなど、マルチOSでの管理・活用に強みを持っています。

■アイキューブドシステムズについて
アイキューブドシステムズは、エンタープライズクラウドおよびスマートデバイスを最大限に活用するための技術を開発・保有するソフトウェアプラットフォームプロバイダーです。法人スマートデバイスの導入・活用に必要となる包括的な環境を提供する「CLOMO」を開発・提供しています。私たちは、クラウドとスマートデバイス、およびアプリケーション、全てが統合された次世代 IT環境の実現に向け、フロントランナーとなるべく活動しています。今後も、クラウド、モバイル、ソーシャル、IoTなどの最新テクノロジーをお客様がビジネスに活用できるよう支援をしてまいります。

社名: 株式会社アイキューブドシステムズ
所在地: 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-1-37 第1明星ビル
設立: 2001年9月
資本金:4億978万円(2023年6月30日時点)
代表者: 代表取締役執行役員社長 CEO 佐々木 勉
URL: (リンク »)

*1: 2010年11月18日時点での自社調査によります
*2: 出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所「コラボレーション/コンテンツ・モバイル管理パッケージソフトの市場展望」2011~2020年度、「ミックITリポート2022年12月号」2021年度出荷金額実績および2022年度出荷金額予測
*3: Apple社が提供する、App Store アプリの一括購入プログラムです。詳しくは (リンク ») をご覧ください。
*4: Apple社が提供する、新規に購入したデバイスをMDMサービスの管理下へ配置する作業を自動化できるプログラムです。詳しくは (リンク ») をご覧ください。
*5: 本取得の詳細については、 (リンク ») をご確認ください。
*6: 本協業の詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

以上

本件に関するお問い合わせ
株式会社アイキューブドシステムズ
営業本部 営業企画部
メールアドレス: marketing-info@i3-systems.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]