編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本MSがアイキューブドシステムズと提携、「CLOMO MDM」をWindows 10対応に

山口健太

2015-10-05 11:40

 日本マイクロソフトは10月2日、品川本社の記者会見を開催し、法人向けモバイルデバイス管理(MDM)分野でアイキューブドシステムズと提携することを発表した。


日本マイクロソフトとアイキューブドシステムズがMDM分野で提携

 国内市場で4年連続シェアNo.1(出荷金額実績、テクノ・システム・リサーチ調べ)を誇る「CLOMO MDM」を提供するアイキューブドシステムズ。11月にCLOMO MDMをWindows 10デバイスの管理に対応させるのに加えて、2016年度中にCLOMO MDMのプラットフォーム自体を現行のAmazon Web ServicesからMicrosoft Azureに全面移行する計画だ。日本マイクロソフトとの提携の初年度に10万ライセンス、今後3年間で100万ライセンスの販売を目標とする。

提携はMSにとっても「変革の象徴」


Microsoft International プレジデント Jean-Philippe Courtois氏

 会見には、日本を含むMicrosoftの海外拠点を統括するMicrosoft International プレジデント Jean-Philippe Courtois氏が出席。「クラウドサービスの普及により、これまでのビジネスのやり方では通用しなくなる可能性がある。クラウド時代に対応した、パートナーシップの拡大が重要だ」(クルトワ氏)と語った。

 アイキューブドシステムズについてクルトワ氏は、「Microsoftの変革を象徴するパートナー。プラットフォームにAWSを使っていたが、これからは当社と手を結ぶことになった」と紹介。業界トップのアイキューブドシステムズとの提携に期待を寄せた。


日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏

 日本マイクロソフト 代表執行役社長の平野拓也氏は、「2015年7月の社長就任後、変革というキーワードを掲げてきた。エコシステム全体での変革を進め、パートナー拡大を推進していく中で、本日の発表は象徴的なものになる」との見方を示した。

 提携の狙いについては、「クラウドの一般化とデバイスの劇的な増加が進む中、法人ユーザーはプラットフォームを問わないデバイス管理を求めている。セキュリティやコンプライアンスを一元的に取り扱えるかどうか。今回の提携はここにフォーカスした」(平野氏)と語った。

 CLOMO MDMのWindows 10対応については、「いまや法人ユーザーにとって、スマートデバイスは必要不可欠。その中でもセキュリティや管理面に優れたWindows 10デバイスへの期待が高まっている。CLOMO MDMがWindows 10に対応することで、PCやタブレット、スマートフォンといったあらゆるモバイルデバイスを、単一のコンソールから一元管理できるようになる」(平野氏)とメリットを語った。

顧客からの要望の高まりに応じてWindows 10に対応


アイキューブドシステムズ 代表取締役社長の佐々木勉氏

CLOMO MDMでWindows 10デバイスに対応

Windows 10デバイスに対して初年度に10万ライセンス、今後3年間で他OSを含む合計100万台以上の管理プラットフォームを目指す

 CLOMO MDMの詳細については、アイキューブドシステムズ 代表取締役社長の佐々木勉氏が説明した。アイキューブドシステムズは福岡を拠点とするベンチャー企業で、2010年のiOS対応を皮切りに、企業のモバイル利用に特化したソリューションを提供してきたという。

 日本マイクロソフトと提携した理由については、「お客様からのリクエストが増えてきたことが最大の理由。Windowsには圧倒的なシェアと実績があり、そのWindowsが進化したことで、要望も高まってきた」(佐々木氏)と説明。「法人ユーザーのモバイル利用は、お客様ごとに多彩な要求がある。これまでにもWindows 8.1対応など、選択肢を増やしてきた」(佐々木氏)

 提携に至った経緯は、「IoT向けの『Azure IoT Suite』の登場や、Windows 10に搭載された数多くの新機能に背中を押される形になった。Windows 10は今後、カーナビなどを含む幅広いデバイスに搭載されていくはずだ。これは我々のビジョンにも合致する」(佐々木氏)と説明。「これまで取り組みが難しかった部分にサポートを得られたことで、提携に至った」(佐々木氏)

 すでにCLOMO MDMはWindows 8.1に対応しているが、新たにWindows 10に対応したものを11月より提供開始する。「Windows 8.1端末では、Active Directoryへの参加とモバイル利用が両立しない面があった。Windows 10ではこの点でも管理機構が向上している」(佐々木氏)という。

 2016年春には、Enterprise Mobility Suiteとも連携する。「Azure Active Directory PremiumやAzure Rights Management Premiumを用いて、お客様社内の情報資産や認証基盤をシームレスに活用できるようになる」(佐々木氏)と説明した。

 アイキューブドシステムズは、日本マイクロソフト以外の企業とも提携を進める。「インテルとの協業により、vProテクノロジに対応した。VAIOとは法人向け事業の新しい展開を検討している。デルは営業面や資産面で、ワンビはオフラインソリューションについて、それぞれ提携を検討している」(佐々木氏)として、今後のパートナー拡大に期待を寄せた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]