松岡功の一言もの申す

マイクロソフトのパートナー戦略は何が変わったのか

松岡功 2015年10月08日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトが先ごろ、ベンチャー企業のアイキューブドシステムズとの提携を発表した。この動きは、マイクロソフトのパートナー戦略の変化を象徴するものだ。いったい何が変わったのか。

パートナーエコシステムの拡充に注力

 両社の提携は、法人向けモバイルデバイス管理(MDM)分野で国内最大手のサービスプロバイダーであるアイキューブドシステムズが、MDMサービスのWindows対応を強化するとともに、そのクラウド基盤をこれまで利用していたAmazon Web Srevices(AWS)からMicrosoft Azureへ全面移行し、モバイルファースト、クラウドファーストのユーザーニーズに協業して対応していこうというものだ。

 10月2日に行われた発表会見には、米Microsoftインターナショナル プレジデントのJean-Philippe Courtois(ジャンフィリップ・クルトワ)氏、日本マイクロソフト代表執行役社長の平野拓也氏、アイキューブドシステムズ代表取締役社長の佐々木勉氏が登壇。とくにこの提携へのマイクロソフトの力の入れようがうかがえた。


左から、米Microsoftインターナショナル プレジデントのJean-Philippe Courtois氏、
日本マイクロソフト代表執行役社長の平野拓也氏、
アイキューブドシステムズ代表取締役社長の佐々木勉氏

 会見で説明があった提携の詳しい内容については関連記事を参照いただくとして、ここでは今回の提携に象徴されるマイクロソフトのパートナー戦略の変化に注目したい。まずはパートナー戦略に関するCourtois氏と平野氏の会見での発言を紹介しておこう。

 「モバイルファースト、クラウドファーストの時代を迎え、マイクロソフトにとってはパートナーエコシステムの拡充がますます重要だと考えている。その意味で、MDM分野で大きな影響力を持つアイキューブドシステムズとの今回の提携は、大きな弾みになる動きだ」(Courtois氏)

 「マイクロソフトは今、これまで競合関係にあった企業とも幅広くパートナー連携を進めている。その理由は、そうすることでユーザーの利便性を一層高めることができるからだ。そのために、それぞれに得意分野を持つ多種多様な企業とのパートナーシップを今後もどんどん広げていきたい」(平野氏)

ピラミッド構造からエコシステムへ

 両氏の発言から読み取れるのは、モバイルファースト、クラウドファーストの時代に向けて、マイクロソフトがユーザーの利便性向上を第一義に、企業規模などにかかわらず、それぞれに得意分野を持つ企業とのパートナーシップを強化していく姿勢を打ち出していることだ。今回のアイキューブドシステムズとの提携は、まさしくそうした同社のパートナーエコシステムに対する取り組みを象徴したものといえる。

 これは、マイクロソフトのパートナー戦略の変化を象徴する動きとも見て取れる。というのは、同社はこれまで長年にわたってパートナービジネスを展開してきたが、その形態は同社を頂点としたピラミッド構造ともいえるものだった。それが今回の提携に見られるように、“持ちつ持たれつ”の関係に変わってきたように見受けられるからだ。いわば自然の生態系(エコシステム)に近づいてきたイメージである。

 はたして、マイクロソフトのパートナー戦略は本当に変わったのか。だとすれば、何が変わったのか。会見後、日本マイクロソフト執行役常務ゼネラルビジネス担当の高橋明宏氏に聞いたところ、次のような答えが返ってきた。


日本マイクロソフト執行役常務ゼネラルビジネス担当の高橋明宏氏

 「パートナー戦略は明らかに変わってきている。これまではPC市場で圧倒的なシェアを持つWindowsやOfficeといった製品を再販する形で、パートナーにたくさん売ってもらうことが中心だったが、クラウドおよびモバイルの時代になって、まさにユーザーの利便性を高めるためにパートナー連携を図るという取り組みに変わってきた」

 さらにこう続けた。「かつてのマイクロソフトのパートナービジネスはピラミッド構造だったかもしれないが、時代が変わり、もはやそれではユーザーニーズに応えられなくなってきた。多種多様なニーズに応えるためには、多種多様なパートナーとのエコシステムをしっかりと構築していく必要がある。それはまさしく自然の生態系に近いものだ」

 実は、ここ最近、かねてマイクロソフトとパートナーシップを組む複数の企業のトップから、「マイクロソフトは変わった」との声を相次いで聞いた。そのうちの1人は「エコシステムの意味を正確に捉えており、その変わりように驚いている」とまで言った。その変化は、高橋氏も語っていたが、米国本社CEOのSatya Nadella氏の強い意向によるところが大きいようだ。果たしてマイクロソフトがどこまで真のエコシステムに迫るか、注目しておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算