Claris Connect へ新たに「iTrust リモート署名サービス」のタイムスタンプ機能に対応した API 連携用コネクタを追加

Claris International Inc.

From: PR TIMES

2023-11-01 12:46

電子取引データへのタイムスタンプ付与を容易に実現し、改正電子帳簿保存法の要件である電子データの「真実性の確保」に対応。

2023年11月1日 - ローコード開発プラットフォームを提供する Claris International Inc.(本社:米国 カリフォルニア州、CEO:ブラッド フライターグ 以下、Claris)は、 本日 Claris Connect にサイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北村 裕司 以下、サイバートラスト)が運営するトラストサービス「iTrustリモート署名サービス」のタイムスタンプ機能に対応した API 連携用コネクタが新たに追加され、利用可能となったことを発表しました。



Claris Connect は、iPaaS (Integration Platform as a Service) としてクラウドおよびオンプレミスの様々なアプリケーションやサービス、データの統合・連携を可能とし、ワークフローを自動化するクラウドベースの統合ソリューションです。iTrustリモート署名サービスのタイムスタンプ機能には、アマノセキュアジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:森口 亜紀)が運営する、総務大臣認定の「アマノタイムスタンプサービス3161」(*) が採用されており、本コネクタにより電子取引データへのタイムスタンプ付与が容易に実現でき、改正電子帳簿保存法の要件である電子データの「真実性の確保」への対応を実現します。
(*)アマノ株式会社が提供するタイムスタンプサービスをアマノセキュアジャパン株式会社が委託を受け運営。
[画像1: (リンク ») ]

背景
改正電子帳簿保存法において、2024年1月より契約書や請求書などの電子取引データの保存が中小企業や小規模事業者も含めた課税対象の企業・組織に義務化されます。改正電子帳簿保存法の電子取引データには、タイムスタンプの付与など「真実性の確保」という要件があり、企業・組織はこの要件を満たす必要があります。特に自社開発の業務アプリケーションではこれら要件に対応するためのシステム改修や新たなサービスの導入などに大きなコストが発生する一方、Claris Connect では API による iTrustリモート署名サービスとの連携が容易に行えるため、改修コストや開発工数の最小化につながり、大きなメリットになると考えております。

また、Claris Connect は Claris が提供するローコード開発プラットフォーム「Claris FileMaker」とも高い親和性を持っています。Claris FileMaker では販売管理や見積・請求管理など企業の取引関係情報を扱う場面でも広く利用されており、Claris FileMaker で開発された業務アプリケーションに電子取引データが保存、管理されている例も多くあります。今回リリースされたコネクタは、Claris FileMaker から Claris Connect を経由してタイムスタンプを付与する処理フローも構築可能なため、現在 Claris FileMaker を利用中のお客様においても活用いただけます。

iTrustリモート署名サービスのタイムスタンプ機能との連携コネクタ
今回リリースされたコネクタでは、iTrust リモート署名サービスのタイムスタンプ機能で提供される API を利用した、以下のアクションが提供されます。
・ タイムスタンプの付与
・ 署名の検証(タイムスタンプの検証)
・ サービスメンテナンスの確認

ユーザは Claris Connect 上でこれらのアクションを1つもしくは複数組み合わせた自動化フローをノーコード、ローコードで作成することができます。作成したフローをユーザアプリケーションから開始するだけでフローの中で設定した処理が実行されるため、アプリケーションにすべての処理を実装する場合と比べて素早く簡単に連携を実現することが可能となります。
[画像2: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]


なお、今回リリースされた連携コネクタを利用するためには、Claris Connect の契約のほか Claris Platinum パートナー企業である 株式会社寿商会との「KBS タイムスタンプ for Claris Connect」の契約が必要となります。

関連 Web サイト
・「KBS タイムスタンプ for Claris Connect」: (リンク »)
・「iTrust リモート署名サービス」: (リンク »)
・「アマノタイムスタンプサービス3161」: (リンク »)
・ Claris Connect Web サイト: (リンク »)
・ Claris Connect 無料利用枠: (リンク »)
・ Claris Connect 外部接続サービス一覧: (リンク »)


【Claris International Inc. について】
Claris International Inc. は短期間のローコード開発が可能な世界トップクラスのプラットフォームを開発し、 規模を問わずあらゆる企業でデジタルトランスフォーメーションを実現できるように、問題解決者を支援する一連のサービスを提供しています。中小企業とフォーチュン 500 企業で 130 万人以上のユーザに利用されています。Apple Inc. の一員である Claris は 20 年以上にわたってビジネスを成功させてきた比類のない実績を持ち、イギリス、中国、オーストラリアなど世界各地で事業を展開しています。

お問い合わせ先:
Claris 法人営業窓口
電話 : 03-4345-3333
受付時間 : 10:00 - 17:30 (当社指定休日・祝日を除く月曜日から金曜日)
(リンク »)

(C)2023 Claris International Inc. All rights reserved. Claris、クラリス、Claris Connect、Clarisロゴ、FileMaker、ファイルメーカー、FileMaker Cloud、FileMaker Go、FileMaker Pro、FileMaker Server、FileMaker WebDirect およびファイルフォルダのロゴは、米国およびその他の国におけるClaris International Inc. の 登録商標です。Claris Go、Claris Pro、Claris Server、Claris Studio 、クラリススタジオ および Claris WebDirectは、Claris International Inc. の商標です。その他のすべての商標は、該当する所有者の財産です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Claris International Inc.の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]