Notion、Notion AIの新機能「Q&A」ベータ版提供開始

Notion Labs Japan合同会社

From: PR TIMES

2023-11-15 12:17

AIがNotion内に蓄積された情報を読み込み、回答を瞬時に提供

(米・サンフランシスコ - 2023年11月14日発表)コラボレーションソフトウェア「Notion」を提供するNotion Labs Inc.(本社:米国サンフランシスコ、共同創業者兼CEO:アイバン・ザオ(Ivan Zhao)、共同創業者兼CTO:サイモン・ラスト(Simon Last))は、米国太平洋標準時間 2023年11月14日午前6時(日本時間 2023年11月14日午後11時)に、Notion AIの新機能「Q&A」(以下、 AI Q&A)のベータ版リリースを発表しました。日本語版を含め、Notionが対応する全ての言語で利用可能で、Notion AIをご自身の契約プランに追加されている全てのユーザーにご利用いただけます。



Notionに限らず、社内ポータルや情報共有ツールの組織での活用が進むにつれ、情報検索に時間を要するようになります。似たような名前の文書が増え、検索クエリにキーワードを入力しても特定のページが表示されない、新入社員が必要とする情報にたどり着くのに時間がかかる、チームのメンバーへ同じような質問を繰り返すことで対応に非常に多くの時間を費やす、といった事態に陥ってしまいます。

「AI Q&A」は、Notion内に蓄積された情報をAIが検索し、瞬時に回答を提供するQ&A機能です。入力した質問に対してAIが社内規定や業務マニュアル、議事録やプロジェクト管理情報など、Notion内の情報を読み込み、AIによって生成された回答と、必要な情報に関連するNotion内のページのリンクを提供します。単純なファイル検索機能やAIチャットボットとは異なり、Notion内に蓄積された情報をもとに質問の文脈に即した回答を提供できるため、さらなる生産性向上、コラボレーションの促進を支援します。

AI Q&Aの主な特徴は以下の通りです。
Notionに質問するだけで情報探索の時間を削減
AI Q&Aによりユーザーは多大な情報の中から自分の探している疑問・質問に対する答えに数秒で辿り着くことができ、情報探しにかかる時間を大幅に削減できます。AIに質問するための複雑なプロンプトを覚えたり、ナレッジ整備の必要なく、ただ質問をするだけで、Notionに溜まっている膨大なドキュメントやタスクをもとにAIが回答します。また、 AIを使うために別のアプリを立ち上げることなく、Notionをいつものように使う中で、AIが日々の意思決定や情報探索をアシストしてくれます。

ユーザー自身ですばやく自己解決し、会議/メール/チャット時間の削減
必要な情報が見つからないとき、同僚にメッセージを送ったり、知っていそうな人と会議をセットしますが、AI Q&Aであればわずか数秒で何万ページという情報から探している情報を見つけてくれます。他の社員に聞かずとも必要な情報に辿り着けるため、社員間で会議を通して情報共有したり、メール質問に対する回答を待つなどの多くの時間が削減されます。互いの時間が抑えられ、本来すべき大切なコミュニケーションに集中できます。

Notion内の情報を安全に活用しAIが回答
AI Q&AはNotionワークスペース内の情報のみを利用します。AIからの回答はユーザーがアクセスできる情報のみを使うため、社内の情報漏洩のリスクもありません。また、Notion上のお客様のデータは外部のAIモデルと通信する際に暗号化され、AIモデルの学習には利用されません。データが適切に保護された環境で、専門知識や技術的なスキルがなくても、自社のデータに合わせた質問回答にAIを活用できます。さらに、AI Q&Aを通してそれまで存在を知らなかった他部署内の情報や、関わっていないプロジェクトの最新情報などを一瞬で知ることができるため、Notion上の情報を社内横断的に共有・再利用できるようになります。

Notionでは、Notion AI、Notion プロジェクトと、ビジネスで実際に活用できるAI機能を順次追加してきました。情報検索という誰もが直面する課題に対してもAIを活用することで、正確かつ効率的に回答を提供できます。Notionでは、今後もチームや組織の生産性向上に貢献できる機能を拡充していきます。

AI Q&Aの詳細は、こちら( (リンク ») )からご覧いただけます。

お客様からのコメント(50音順)
大阪ガス株式会社
DX企画部 ビジネスアナリシスセンター 副課長 國政 秀太郎様
Notionに蓄積された社内のマニュアルやプロジェクト管理の情報を直感的に検索することで、情報の探索にかかっていた時間を平均して約35%以上短縮できることが期待されます。社内の情報収集は効率的に、そして何よりデータは適切に保護されるので、安心して活用ができます。いまやNotion AIは私たちの仕事の大切なパートナーです。

Sansan株式会社 
執行役員/VPoE 西場 正浩様
Sansanのプロダクト開発では、ユーザーの声を重要視しています。そのため、毎月数百に及ぶフィードバックやインタビューをNotionに集積しています。AI Q&Aの導入で、膨大なテキストデータから瞬時に必要な情報を取り出し、多角的な質問により情報を即座に整理できるようになりました。これまでの企画検討の方法としては、フィードバックなどのテキストデータを検索して関連するものをピックアップしていましたが、このAI Q&Aにより作業の時間が30%以上短縮され、企画の質も向上しました。AI Q&Aは、プロダクト開発のスピードを加速し、質も高める貴重なツールです。

株式会社LayerX
CTO室 篠嵜 洸様
AI Q&Aは、驚くほどシンプルな方法で業務を効率化し、回答の質を向上させることができる革新的なツールだと感じました。回答には参照元も含まれており、誤った情報を修正するのが簡単で、参照元を探す手間も省けます。これによって、ナレッジの鮮度を保ちながら業務が効率的になり、私たちの課題を自然な流れで解決してくれると思います。


Notion Labs Inc.
共同創業者兼CEO アイバン・ザオ(Ivan Zhao)のコメント
[画像1: (リンク ») ]


Notionでの私の経験の中で、何百人ものお客様とお話しをしてきましたが、皆さん共通の課題を抱えていました。それは、仕事のための仕事に多くの時間を費やしているということです。自分が欲しい回答を見つけるのに10分かかることもあり、それが1日に何度も繰り返されているのです。しかし、AI Q&Aを活用すれば、情報を見つけるまでの時間をわずか数秒にまで短縮できます。AIは予測不可能な方法で人間の知性を補完する可能性を持っています。私たちはAI Q&Aが必要な情報を迅速に提供することで、より付加価値の高い仕事にユーザーが集中できるようなることを願っています。

Notion Labs Japan合同会社 
ゼネラルマネージャー アジア太平洋地域担当 西 勝清(にし・かつきよ)のコメント
[画像2: (リンク ») ]


ユーザーのセカンドブレインとして機能するNotionに AI Q&A機能が追加されたことで、アシスタントのようにワークスペース全体を瞬時に検索し適切な回答を提供してくれます。AI Q&Aを活用すれば、業務規定やタスクの状況の確認、オンコールエンジニアの特定などをチームメンバーに連絡を取ることなくワークスペース内で完結することができます。
AI Q&A機能は多くのビジネスユーザーの方からご要望をいただいていた機能でしたので、AIのビジネス利用の価値を高める意味でもより多くの方にご利用いただけると信じています。

【Notion(ノーション)について】
Notionは、ドキュメントの作成・共有、プロジェクトの管理、ナレッジの整理 - すべてが一箇所で実現できるコネクテッドワークスペースです。ユーザーは美しいドキュメント、ロードマップ、ナレッジベースなどを作成、カスタマイズすることができ、チームの生産性向上、コラボレーションの促進・強化、チームでの働き方の改革を加速化させます。Notionは個人ユーザーから、Pixar社、Headspace社、Codeacademy社、Loom社などの企業まで世界中で信頼され、愛用されています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]