Notion、「Notionカレンダー」を発表

Notion Labs Japan合同会社

From: PR TIMES

2024-01-19 13:40

ドキュメント、プロジェクト、タスクをカレンダー上で統合的に管理

Notion Labs Japan合同会社(本社:東京都、ゼネラルマネジャーアジア太平洋地域担当:西 勝清)は、Notion内のドキュメント、プロジェクト、タスクなどをカレンダー上に統合する新機能「Notionカレンダー」を提供開始することを発表しました。Notionカレンダーは、Notionが2022年に買収したCron社のカレンダー機能をベースとし、Notionの全ての要素に関するスケジュールやタイムライン、タスクの期限をカレンダーに取り込み一元管理できます。これにより、スケジュール管理をより効率的に行い、チーム間のコラボレーションをさらに推進することができます。



[画像1: (リンク ») ]


Notion内のさまざまな予定をカレンダーに統合
Notionのドキュメントに記載のある日にち、プロジェクトのタイムライン、タスクの期限をカレンダーに取り込むことで、業務の優先順位を把握しやすくなります。また、Notionカレンダーからアプリを切り替えることなく、関連するNotionのドキュメントを検索してアクセスすることもできます。

データベースに記載された期日などをカレンダー上に一覧表示
Notionカレンダーでは、スプリント計画の締め切りといったデータベース上に記載された情報をイベントとしてカレンダー上に表示し管理できます。Notionカレンダーは、NotionのワークスペースやGoogle カレンダー、Zoom、Google Meetのような業務ツールと連携されています。

スケジュールやミーティングをメニューバーから確認可能
PCのメニューバーにその日に予定しているオンライン会議の予定を表示することや、そこから直接会議に参加する機能も備えています。そのため、Notion上でドキュメントやデータベースを作成している最中でも、そのページを離れることなく、予定されている会議やその会議までの時間を確認することもできます。

Notionでは、ノート、プロジェクト、タスクといったNotionの全ての要素に時間の概念を持ち込むことを目指しています。そうすることで、仕事だけなくプライベートも含めたスケジュールの一元管理手法を提供できると考えています。

Notion Labs Japan合同会社 
ゼネラルマネジャーアジア太平洋地域担当 西 勝清(にし・かつきよ)のコメント
[画像2: (リンク ») ]


さまざまなSaaSアプリを活用し業務を遂行することが多くなった現在、一日の業務のなかで頻繁に発生しているアプリの切り替えが生産性低下の一因になっています。とある論文*によると、アプリの切り替えによって途切れてしまった集中力を取り戻すのに23分かかると言われています。Notionカレンダーであれば、アプリ間を移動することなくスケジュールを把握し業務をより効率的に進めることができます。

また、仕事と個人の予定を一元管理できるので、ダブルブッキングのリスクも排除してくれます。Notionカレンダーは無料で利用できますので是非お試しください。


Notionカレンダーの詳細や体験はこちら( (リンク ») )を、
Notionカレンダーに関するブログはこちら( (リンク ») )をご確認ください。

*出典:The Cost of Interrupted Work: More Speed and Stress( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]