【特別講義】藤村哲也特命教授による日本IP映像化の世界「スーパーマリオ」と「ワンピース」がつくる新しい未来(オンライン開催)|デジタルハリウッド大学[DHU]

デジタルハリウッド株式会社

From: PR TIMES

2023-11-22 19:40

2023年12月5日(火)19:10‐20:40(要予約/無料/オンライン)

文部科学省認可の株式会社立の大学として、デジタルコンテンツと企画・コミュニケーションを学ぶデジタルコミュニケーション学部(4年制大学)と、理論と実務を架橋し新たなビジネスを生み出すデジタルコンテンツ研究科(専門職大学院)を設置するデジタルハリウッド大学(DHU、所在地 東京・御茶ノ水、学長 杉山知之)では、学内外から講師を招き、本学の学習分野と親和性が高い内容について特別講義を開催しています

2023年12月5日に開催する特別講義では、日本のIP(IP=知的財産)をハリウッドでの映像化を通じて世界に紹介するプロデューサーである、本学の藤村 哲也特命教授が「日本IP映像化の世界 「スーパーマリオ」と「ワンピース」がつくる新しい未来」について語ります。
講義の模様はオンラインでライブ配信し、一般公開いたします。



[画像1: (リンク ») ]


【講義概要】
アニメ・漫画・ゲームなど世界から注目される日本IPを原作としたハリウッドでの映像化ビジネスが注目されてからすでに数年が経過しましたが、ついに今年は任天堂がイルミネーションスタジオと組んだCGアニメーション映画「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」がユニバーサル配給で全世界歴史的なメガヒット!さらに「ONE PIECE」の実写シリーズが86ヵ国でNo.1となる世界的大ヒットとなり、シーズン2の製作も決定。これから日本IPの映像化は新しいチャプターに入り、誰も見たことのない未来が始まります。そんな日本IPの映像化の世界の現状と未来を皆さまにお伝えします。


【登壇者紹介】


藤村 哲也 特命教授
[画像2: (リンク ») ]


1953年、広島県生まれ。慶応義塾大学法学部政治学科卒。1976年赤井電機(株)入社。国際営業部において海外営業を担当。1981年同社退職後、外資系投資会社、映像版権商社取締役を経て、1986年、株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(現 ギャガ株式会社)設立と同時に代表取締役社長就任。同社を創業より数年で映画のビデオ版権商社としてトップ企業に育てた後、1992年より映画配給事業に本格参入、その後同社を国内では独立系最大手洋画配給会社に育てる。その数は、創業から20年間で約3,000作品に達し、同社の海外取引ネットワークを世界中に広げるとともに、ハリウッドでは取引先として最も知名度の高い日本の映画会社となった。2001年、同社をナスダックジャパン市場(現東証ジャスダック市場)に株式公開させ、2002年同社、代表取締役最高経営責任者(CEO)就任。2004年(株)USENグループ入りに伴い、同社取締役就任。(株) USENによる完全子会社化を機に、2006年11月取締役退任。2006年12月、(株)フィロソフィア・エンタテインメント・アライアンス(現・フィロソフィア株式会社)設立と同時に代表取締役社長就任。

【特別講義 開催概要】

『日本IP映像化の世界』「スーパーマリオ」と「ワンピース」がつくる新しい未来


(要予約/無料/オンライン)


日時:2023年12月5日(火)19:10-20:40
会場:オンライン(Zoomウェビナー)
参加費:無料
参加申し込み: (リンク »)


■特別講義に関するお問い合わせ先
デジタルハリウッド大学 事務局
dhu@dhw.ac.jp

【デジタルハリウッド大学[DHU]とは】
(リンク »)

2005年4月、文部科学省認可の株式会社立の大学として東京・秋葉原に開学(現在の所在地は東京・御茶ノ水)。デジタルコミュニケーション学部(4年制大学)とデジタルコンテンツ研究科(専門職大学院)を設置している。


デジタルコミュニケーション学部では、不確実で予測不能な未来を自分らしく生き抜く力を身につける。 デジタルコンテンツ(3DCG/VFX、VR/AR、ゲーム、映像、グラフィック、Webデザイン、メディアアート、プログラミング等)と企画・コミュニケーション(ビジネスプラン、マーケティング、広報PR等)を産業界の第一線で活躍する教員から幅広く学べる一学部一学科制を採用。さらにグローバル人材を育成するために外国語の重点的な学習プログラムを備え、留学を推進している。世界43か国・地域出身の学生が在籍し、 御茶ノ水駅前で多様性に富むキャンパスを運営している。


デジタルコンテンツ研究科では、超高度情報化社会においてデジタルコミュニケーションを駆使し、社会に変革を起こすリーダーを輩出すべく、創発的学究領域 [SEAD(Science/Engineering/Art/Design)]の4要素をバランス良く身につけ融合し、理論と実務を架橋する人材育成を行う。新規事業プランニングとプロトタイピングなど、院生のアイデアの実装およびスタートアップ支援により、「令和4年度大学発ベンチャー調査」(経済産業省)では全国大学中13位、私立大学中5位となっており、多数の起業家を輩出している。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

デジタルハリウッド株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]