Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その37:エンジン6

大槻透世二(サイバーアドベンチャー) 2008年02月14日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

「ほら、見て」
入場をすませ、ゲートを通った俺たちは、噴水広場に出た。
さくらに促され見た光景は、いきなりの行列、行列、行列。

そしてそこには見慣れたキャラクターがいた。

プーさんと写真を撮ろう、そしてミッキーと写真を撮ろう。

そんな記念写真を求めて親子連れ、そしてカップル達は並んでいた。
「一緒に撮ってみよっか」

思いがけないさくらの言葉に俺は嬉しいのか、嬉しくないのか、
複雑な感情を抱いたまま列へと並んだ。
あぁ、大好物のラーメン屋の行列だってあまり並んだことがないのに。。。そんなため息をよそに普段見せない笑顔で待つさくらを、 俺は横で見ていた。

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

前回の復習

 前回は、エンジンスクリプトを構成する次の4イベントのうち、2の「changed()」イベントを見ることによって「if〜else」構文を勉強した。「if〜else」構文は、「if (A) B else C」という形式で「Aという状態が発生した場合はB、その他の場合はC」という意味になる。ここでは、Aという状態の場合とその他の場合を足すと100%となる。

  1. 「state_entry ()」イベント
  2. 「changed ()」イベント
  3. 「run_time_permissions ()」イベント
  4. 「control ()」イベント

 「if〜else」構文を使うことで、エージェント(アバター)がバイクに乗ってきたときに、その存在判定やオーナー判別を実行させた。また、「llSeStatus」によって物理モードをONにしたり、関数「llRequestPermissions」によってアニメーションをONにしたりもした。

 「changed()」イベントのソースコードを下図で復習してみよう。

「changed()」イベント ※クリックすると図全体が見られます

 さらに、「if〜else」構文の概念図は下図のようになっていた。

「changed()」イベント構成図 ※クリックすると図全体が見られます

 さて、今回は、残りの3の「run_time_permissions ()」イベントと4の「control ()」イベントを見ることにしよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算