デジハリ福岡校とブイキューブ、子育てママの在宅ワーク支援で協力

NO BUDGET 2016年04月07日 13時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルハリウッド福岡校とブイキューブは4月6日、在宅ワークを支援する取り組みで協力していくと発表した。

 この取り組みは、福岡の子育てママが、ウェブサイトの改善を担う高付加価値な職業「グロースハッカー」として地元で子育てしながら活躍できる環境を整えるためのもの。デジタルハリウッド福岡校で学んだママたちが、自宅でクライアント等と打ち合わせをしながら仕事ができる環境を実現するため、ブイキューブが同社のウェブ会議サービス「V-CUBE」を提供するという内容。


(ブイキューブ提供)

 デジタルハリウッド福岡校は、デジタルハリウッド大学・大学院や社会人向け専門スクール等を運営するデジタルハリウッドと、デジタルコンテンツ制作会社の九州インターメディア研究所が協同で運営するクリエイター育成スクールとして1998年に設立された、IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール。

 福岡県や福岡市、地元デジタルコンテンツ関連企業とともに産官学協同でクリエイター育成に取り組み、これまでに7000人を超える卒業生を輩出。卒業生はデジタルコンテンツ産業のみならずさまざまな産業で、即戦力のデザイナー、クリエイターとして活躍しているという。

 デジタルハリウッド福岡校では2015年9月、働く時間や場所に制約がある女性が、その制約の中でキャリアアップを目指しながら働くことができる環境を提供するため、「ママ向けWebグロースハッカー養成講座」を開講。子育てママは、実際のウェブリニューアル案件も手掛ける半年間の受講を経て、ウェブデザイナーやグロースハッカーとしての独立を目指している。

 3月下旬には本講座第一期生の子育てママ12人が講座の授業を終え、卒業後の就業を目指して修了課題に取り組んでいる。子育てママたちはV-CUBEにより、今後の就業支援や、福岡近郊だけでなく九州各地のクライアントとの打ち合わせを自宅から実施できるようになり、打ち合わせのための移動を削減し、子育て中の空き時間を効率的に活用できるようになるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算