【イオンモバイル】「オリコン顧客満足度(R)ランキング 」“格安SIM”2年連続で第1位を受賞

イオン株式会社

From: PR TIMES

2023-12-01 17:46

イオンリテールが2016年から提供する格安通信サービス「イオンモバイル」は「2023年 オリコン顧客満足度(R)ランキング」の“格安SIM”で、2022年に続き、2年連続の第1位を受賞しました。



[画像1: (リンク ») ]

「2023年 オリコン顧客満足度(R)調査」“格安SIM”は、MVNOおよびキャリアサブブランドの17社について、実際に格安SIMを利用し、かつメインで利用している方を対象に調査をした結果に基づいたものです。
8つの評価項目の内、5項目で1位の評価を獲得しました。また「推奨意向※1)」と「継続意向※2)」もお客さまから非常に高い評価をいただいています。

これからもイオンモバイルは、お客さま満足度の向上を目指し “国内最安級の価格”と“手厚いサポート”、全国に店舗を持つマルチキャリア(NTTドコモ回線※3、au回線※4)を強みにMVNOブランドNo.1を目指してまいります。

【「2023年 オリコン顧客満足度(R)ランキング」 “格安SIM”の調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:以下すべての条件を満たす人
1. 過去1年以内にMVNOおよびキャリアサブブランドの公式サイトまたは店舗でSIMカードを新規(他社からの乗り換え含む)で購入し、開設設定を行い現在メインで利用している人
2. 1カ月以上継続して利用している人
3. サービス選定に関与した人
4. 料金を把握している人(ただし、法人での利用は対象外とする)
回答者総数:2,098人
調査期間:2023年7月28日~2023年8月31日
調査主体:株式会社oricon ME
規定人数:100人以上
調査企業数:17社
対象企業:移動通信サービスに関わる自社回線網や無線局を自社で開設、保有、運営していない「仮想移動体通信事業者(MVNO)」のうち、移動体通信事業者(MNO)から借り受けたネットワークを使い、自社ブランドとしてSIMカードを提供する通信  サービス事業者及びキャリアサブブランド

詳細はオリコン顧客満足度(R)ランキング公式ページ( (リンク ») )をご覧ください。

【「2023年 オリコン顧客満足度(R)ランキング」 “格安SIM”の項目詳細】
評価項目などについて
[画像2: (リンク ») ]


※1:推奨意向は、当調査における「どの程度その企業のサービスを友人・知人に推奨したいか」について回答者からの評価を4段階にまとめ、その結果から算出した割合。
※2:継続意向は、当調査における「どの程度その企業のサービスを継続したいか」について回答者からの評価を4段階にまとめ、その結果から算出した割合。
※3:「NTTドコモ回線」とは、NTTドコモのLTE/3G回線を利用したイオンモバイルの高速通信サービスです。
※4:「au回線」とは、auの4GLTE回線を利用したイオンモバイル高速通信サービスです。

ご参考
イオンモバイルについて
2014年4月に“格安スマホ”の火付け役である「イオンスマホ」をスタートさせ、2016年2月よりイオンリテール株式会社のMVNO事業者として、格安通信サービス「イオンモバイル」を開始いたしました。月額料金の安さだけでなく、お客さまが気軽に安心して利用できるよう、 サービス開始時より、契約期間および解約料金の設定はありません。また「スマートフォンを使いこなせるか不安」というお声をいただき、契約前に端末と通信サービスをお試し利用できる「イオンモバイル無料貸し出しサービス」を提供するなど、ニーズにお応えできるよう日々サービスの拡充を図り、お客さまの快適で楽しいスマートライフを応援しています。


以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イオン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]