データ分析コラム第三回「線形代数(主成分分析)」

インターネットアカデミー

2023-12-11 09:00

インターネット・アカデミーは「データ分析コラム第三回「線形代数(主成分分析)」」を公開しました。
###

こんにちは、小澤です。

前回、データ値のばらつきと相関関係を表す分散共分散をNumPyライブラリを使って求めてみました。数学的なアプローチを中心に話題を展開しましたが、数学的な厳密な理解にこだわる必要はありません。データ分析には数学的なアプローチが深く関与しており、それをPythonを使って解決できるということが分かることが重要です。

さて、せっかく分散共分散を求めたので、引き続き、主成分分析の計算までしてみます。『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(第2版)』では、scikit-learnを使った方法が249ページに掲載されていますが、今回も数学的な要素があるということを理解することが目的ですので、NumPyを使って計算してみます。scikit-learnを使った方法については、別の機会に解説しますので、それまでお待ちください。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]