2024年1月25日(木)  ウェビナー開催のお知らせ                船井総研 × LCA Plus 製品単位の排出量可視化から取り組む脱炭素経営

三井物産株式会社

From: PR TIMES

2024-01-17 14:46

製品単位の排出量可視化から取り組む脱炭素経営

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀健一、以下「三井物産」)と一般社団法人サステナブル経営推進機構の共同開発である「LCA Plus」は、船井総合研究所をゲストとしてお迎えし、2024年1月25日(木)にオンラインにて「製品単位の排出量可視化から取り組む脱炭素経営」をテーマに無料オンラインセミナーを開催します。



↓ ↓ クリックして登録 ↓ ↓
(リンク »)

[画像: (リンク ») ]

昨今、脱炭素経営の第一歩として、大企業を中心に「企業単位」の温室効果ガス可視化に加え、「製品単位」の温室効果ガスも可視化する動きが徐々に拡大しています。一方、実際に脱炭素経営を進めてみようとすると、いったいどこから手を付けていいのか解らないといった課題をお持ちの方も多いかと思います。


本ウェビナーでは、船井総合研究所/カーボンニュートラル支援ユニットでリーダーを務める藤堂大吉氏をゲストに迎え、LCA Plus/プロジェクトマネージャーの岩佐と共に、中小・中堅企業から大企業の取り組みを幅広くご紹介し、脱炭素経営の第一歩である可視化の進め方やメリットについてご説明致します。

「製品単位の排出量可視化から取り組む脱炭素経営」


開催形式:ライブ配信(Zoomにて配信)


開催日時:2024年1月25日(木)14:00~15:00


申込締切:2024年1月22日(月)


受講料:無料(事前登録制)


こんな方におススメです


脱炭素経営を進めるべきと言われているが、自社のとるべき対応が解らない


先進的に温室効果ガス算定を進めている企業の取り組みについて知りたい


温室効果ガスの算定を進める目的やメリットについて知りたい


「製品単位」算定をすすめたいが、どこから手をつけたらいいのか解らない





その他
ご視聴後にアンケートのご送付をさせて頂きます。当日資料はアンケートご回答者のみに配布をさせて頂きます。
個人や競合または競合に類すると判断した場合、ご視聴をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]