編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

三井物産、日本ユニシスの株式を一部売却--「良好な関係は維持」

ZDNet Japan Staff

2017-02-24 10:55

 三井物産は2月24日、同社が保有する日本ユニシスの株式の一部売却を発表した。日本ユニシスが23日付で公表した自己株式の買い付けに応じたものとなる。

 売却は発行済み株式の6.7%にあたる735万株。三井物産の所有割合は8.9%から2.2%になった。売却理由について同社は、「事業ポートフォリオ最適化の観点から総合的に検討した結果、本株式の売却に至ったもの」と説明。これにより、約111億円の資金獲得を見込む。

 株式売却後の関係については、両社とも「当社設立から継続して培われてきた良好な関係を維持していく」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]