1月26日は「腸内フローラの日」!『Body Granola』腸内フローラ検査キットが当たるSNSキャンペーン実施

カルビー株式会社

From: PR TIMES

2024-01-22 11:46



 カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:江原 信、以下カルビー)は、2023年4月より、腸内フローラ検査をもとに個人に合ったグラノーラを定期購買するサービス『Body Granola』を開始しました。サービスの提供を通じて、腸内環境が一人ひとり異なることへの理解促進をするとともに、パーソナライズされた食品をお客様が自ら選択する食習慣の定着を図っています。
 このたび、1月26日の「腸内フローラの日」に合わせ、2024年1月22日(月)10:00より、期間限定で腸内フローラ検査キットの無料クーポンが当たるSNSキャンペーンを実施します。

 カルビーは、『Body Granola』をはじめとした食と健康領域において、パーソナライズを基軸とした「総合的な食ソリューションプラットフォームの構築」を目指し、実現に向けて注力しています。
 今後も、食と健康領域での事業促進を通じて、企業理念で掲げる「人々の健やかなくらしへの貢献」を実践してまいります。
[画像1: (リンク ») ]

■キャンペーン概要
<名称>
腸内フローラのタイプを知ろう♪
『Body Granola』腸内フローラ検査キット無料クーポンプレゼントキャンペーン<期間>
2024年1月22日(月)10:00~2月4日(日)23:59<賞品>
『Body Granola』腸内フローラ検査キット(税抜9,800円)の無料クーポン<内容>
1.Instagram2.X(旧Twitter)いずれかで下記手順を実施いただいた方の中から各10名様に賞品プレゼント<手順>
1.Instagram
『Body Granola』アカウント(bodygranola_official)の当該投稿に「いいね」をして、「カラダのために続けている習慣」をコメント
2.X(旧Twitter)
『Body Granola』アカウント(@body_granola)フォロー、「#ボディグラノーラ」を付けて引用リポスト※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。詳細は各SNS投稿をご覧ください。■『Body Granola』について

[画像2: (リンク ») ]
腸内フローラ検査キット[画像3: (リンク ») ]
Body Granola

<価格>
・腸内フローラ検査キット 9,800円(税抜) ※送料込み
・Body Granola定期購入 3,500円(税抜)/月 +送料
(ベースグラノーラ640g+プレバイオティクストッピング120g×3種/20食分)<URL>
(リンク ») <手順>
(1)WEBサイトから腸内フローラ検査キットを注文していただき、届いたら採便・ポスト投函いただく
(2)検査結果が届く
(全57タイプに分類された腸内フローラタイプ、腸内に存在する細菌の多様性や口腔常在菌の割合など)
(3)検査結果を参考に、お好みの素材(プレバイオティクストッピングなど)を選び、グラノーラを注文いただく
(4)グラノーラが定期的に届く<召し上がり方>
(1) ベースグラノーラにプレバイオティクストッピングを3袋すべて加える
(2) ベースグラノーラの袋上部のチャックをしっかりと閉める
(3) 中身がよく混ざるように袋をしっかりと振る
(4) 1食分50gをお皿にうつし牛乳やヨーグルトをかけてお召し上がりいただく【カルビーグループについて】
1949年の創立以来、私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしへの貢献を実践してきました。カルビーグループは、ライフラインをつなぐ食品企業として、サステナビリティを経営の根幹に据え、食を通じて社会課題を解決することで、新たな食の未来を創造します。( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]