電気自動車の市場規模、2028年に207億1000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-13 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「電気自動車の世界市場:2024年」(The Business Research Company)の販売を2月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

電気自動車は、さまざまな商業活動用に設計されたバッテリー駆動の車両です。これらの車両は通常、リチウム電池を搭載し、急速充電システム、大容量電池、または電池交換システムを備えています。

電気自動車の主な種類には、スポーツ用自動車、多目的自動車、多目的地形車両などがあります。特に電動スポーツ用自動車は、もともとオフロード用に設計された、バッテリーを動力源とする頑丈な四輪車です。これらの車両に使用されるバッテリーには、リチウムイオン、鉛蓄電池などさまざまなタイプがあります。電気自動車は、商業、自治体、その他の分野で応用されています。

電気自動車の市場規模は近年力強く成長しています。2023年の138億8000万米ドルからCAGR8.3%で成長し、2024年には150億3000万米ドルに達する見込みです。同市場の歴史的な成長は、いくつかの要因に起因しています。燃料費の高騰とエネルギー安全保障への懸念、電気自動車技術に対する業界の協力と投資の増加、混雑と汚染への懸念につながる都市化、電気自動車をより現実的なものにするバッテリー生産のコスト削減、環境意識の高まりと持続可能性への注目などです。これらの要因が総合的に、この間の電気自動車市場の拡大に貢献しました。

電気自動車の市場規模は、今後数年間で力強い成長が見込まれます。2028年にはCAGR8.3%で207億1000万米ドルに達する見込みです。この間の成長の要因はさまざまです。充電インフラの整備、電気自動車を支援する規制や政策の変更、持続可能な輸送に対する消費者の需要と嗜好の高まり、電気自動車市場の世界的な拡大、電気自動車の採用に影響を与える経済的要因などです。今後の主な動向には、多様な車両提供、航続距離とバッテリー技術の継続的な改善、ラストマイル配送ソリューションの台頭、車両電化の取り組み、政府や企業の持続可能性目標との整合性の高まりなどが含まれます。

電子商取引と倉庫業務の拡大は、電気自動車市場の成長を促進する上で重要な役割を果たしています。電子商取引は電子ネットワークを介した商品やサービスの交換を含み、倉庫管理は将来の流通や販売のための物品の保管を含みます。電気自動車、特にフォークリフトは、カーボンニュートラルの目標を達成する努力の一環として、電子商取引の倉庫で広く利用されています。特に、英国倉庫協会は、2021年にオンライン小売業者による倉庫の稼働率が614%という驚異的な数値を報告しました。この急増は、電気自動車の需要を促進する上で、電子商取引と倉庫業が極めて重要な役割を担っていることを裏付けています。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]