AI開発効率化ソリューション「自動アノテーションサービス」の提供開始 当社独自の学習寄与度がアノテーションの効率化とAI精度向上に貢献

富士ソフト株式会社

From: PR TIMES

2024-03-12 12:47



[画像1: (リンク ») ]


富士ソフト株式会社は、当社独自のAIを活用した、AI開発効率化ソリューション「自動アノテーションサービス」の提供を2024年3月12日(火)より開始しました。本サービスは、高品質なアノテーションデータを自動で作成し、かつ学習効果に応じてデータをレベル分けする機能「学習寄与度」により、AIのモデル開発におけるアノテーション作業の効率化に貢献します。

 あらゆる業界・業種において、 AIの導入がビジネスの発展につながると期待されています。新しいAI関連サービスが次々と開発・提供され、企業独自でAI開発を行う企業も増加しています。しかし、高性能なAIモデル開発には多大な時間とコストがかかります。AIの推論精度を向上させるには、大量の高品質な学習データを用意してAIに学習させる必要があります。現在、AI開発においては、データ毎のラベル付けなどアノテーションを手作業で行うため、人材確保と作業コストが課題になっています。また、大人数の手作業でアノテーションが行われるため、学習データの品質にバラつきが発生します。低品質な学習データはAIの推論精度を低下させる原因となります。

 富士ソフトはこのようなAI開発の課題解決を支援するため、2024年3月12日(火)よりAI開発効率化ソリューション「自動アノテーションサービス」を提供開始しました。本サービスは、当社独自のAIを活用し、高品質なアノテーションを自動で行います。また、独自機能として、学習寄与度をアノテーションデータに付与し、バランスのとれた学習データを構築します。アノテーションの自動化、高品質な学習データによってAIモデル開発を効率化し時間とコストを削減、高性能なAIモデル開発を支援します。

 富士ソフトは、今後も様々なAI技術を活用し、お客様ビジネスの発展に貢献してまいります。


AI開発効率化ソリューション「自動アノテーションサービス」
(リンク »)

提供開始日: 2024年3月12日(火)
価格: 個別見積り
販売計画: 10社 27百万円 (2024年度末まで)
特長:
 ・AIモデル学習の効率化
  学習寄与度の低い学習データを排除することで、推論精度の向上が期待できる。
  学習効率の向上によって、学習時間とメモリ使用量の削減にもつながる。
 ・アノテーション時間の削減
  学習データのアノテーションを自動化することで、作業時間を削減できる。
 ・アノテーションの均一化
  AIモデルの学習に悪影響を及ぼすアノテーションのバラつきを削減できる。

[画像2: (リンク ») ]

学習寄与度
当社独自のAIがアノテーションデータの一部として付与する情報。
検出の難易度が高いデータ、見落としやすいデータ、学習の結果に影響しないデータなど、各データの学習効果への影響を1~4のレベルで付与する。
AIモデルの推論精度向上には、レベル1~4のバランスのとれたデータセットでの学習が効果的。


以上

※ 記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]