グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第170回 大規模言語モデルによるコードレビュー支援の適用事例(パート1)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2024-04-15 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第170回 大規模言語モデルによるコードレビュー支援の適用事例(パート1)」を公開しました。
###

はじめに
 今回からは、2024年に公開された論文「Resolving Code Review Comments with Machine Learning」に基づいて、大規模言語モデルをコードレビュー支援に適用したGoogle社内の事例を紹介します。大規模言語モデルをソフトウェア開発に利用するさまざまなユースケースが議論されていますが、Google社内では、コードレビューのプロセスに大規模言語モデルによる支援を組み込んでいることがこの論文で報告されています。今回は、このユースケースの概要を紹介します。

Google社内でのコードレビュープロセス
 はじめに、Google社内でのコードレビューのプロセスを簡単に説明しておきます。まず、第20回の 記事で紹介したように、Google社内では、すべてのプロジェクトのソースコードが単一のリポジトリにまとめて保存されています。それぞれの開発者は、自身の開発用ワークステーションにこのリポジトリのクローン(論理コピー)を作成して、そこでコードの追加・変更作業を行います。その後、特定の目的のために追加・変更したファイル一式をまとめたCL(Change List)を作成して、これに対してコードレビューを実施します。CLは、GitHubにおけるPull Requestに相当するものと考えるとよいでしょう。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]