アドビ、Adobe Firefly Image 3 Foundation モデルを発表 クリエイティブ探求とアイデア出しをより高いレベルへ

アドビ株式会社

From: PR TIMES

2024-04-23 19:16



- Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、フォトリアリスティックな画像品質、スタイリング機能、出力のディテールと正確さが大きく向上し、バリエーションも豊富に
- 生成速度の大幅な向上により、アイデア出しと作成プロセスにおける生産性と効率が向上
- Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、Adobe Photoshop(ベータ版)とAdobe Firefly web版で利用可能

※当資料は、2024年4月23日(英国時間)に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳版です。
[画像: (リンク ») ]

【2024年4月23日】
アドビ(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、クリエイティビティカンファレンスであるAdobe MAX London 2024において、クリエイティブ生成 AI モデルファミリーの次期メジャーリリースとなるリンク ») ">Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)を発表しました。Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は本日よりAdobe Photoshop(ベータ版)とAdobe Firefly web 版で利用可能です。Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、性能とコントロールを大幅に改良したものです。これにより、高品質な画像生成、プロンプトのより深い理解、より高いレベルのディテールとバリエーション、そして迅速なクリエイティブ表現とアイデア出しが可能になります。また、最新バージョンの画像モデルでは、ライティング、ポジショニング、ディテール、テキスト表示などが強化され、これまで以上にフォトリアリスティックな画像品質を実現します。

リンク ») ">Adobe Firefly web 版で本日から利用できるAdobe Firefly Image 3 Foundationモデル(ベータ版)は、「テキストから画像生成」モジュールの「スタイル参照」や「リンク ») ">構成参照」、「生成塗りつぶし」モジュールの新機能である画像拡大や縦横比の変更が可能な「生成拡大」などで利用できます。

アドビのデジタルメディア担当最高技術責任者(CTO)であるイーライ グリーンフィールド(Ely Greenfield)は、次のように述べています。「わずか1年あまりで、Adobe Firefly は何百万人ものクリエイターが、アイデアを生み出すために毎日使用する画像生成ツールになりました。しかし、今はまだ始まりに過ぎません。私たちが Adobe Firefly Image 3 Foundation モデルを開発し続ける間に、クリエイティブコミュニティがこのベータ版でどのような挑戦をしていくのか、とても楽しみにしています。」

Adobe Fireflyは、2023年3月の最初の公開以来、世界中で70億枚以上の画像生成に使用されています。アドビは、Adobe Photoshop、Adobe Express、Adobe Illustrator、Adobe Substance 3Dなど、アドビのユーザーが毎日使用するワークフローに直接統合できるように、Adobe Fireflyを構築しました。そしてわずか1年で、Adobe Fireflyは画像編集、テンプレート作成、ベクターデザイン、3D テクスチャリング、ステージングをより良いものに変えました。アドビは、新しい基盤モデルごとに、その技術をベータ版としてクリエイティブコミュニティに公開し、フィードバックを得て、アウトプットを改善しています。

新しいAdobe Firefly Image 3 Foundation モデル
Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)により、ユーザーは迅速なアイデア出しと実験が可能です。クリエイターは、より簡単にビジョンを実現し、より生産的に作業し、より高品質で細かな画像を生成することができます。

Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)で可能となったことは以下の通りです。
- 自動スタイライズ機能による新次元のクリエイティブな表現: 新しいスタイルエンジンを搭載した Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)の自動スタイライズ機能では、より高品質でバラエティに富んだ出力が可能となり、生成する画像のスタイルをより自由にコントロールできます。画像出力には、さまざまなスタイル、色、背景、被写体のポーズなどが含まれ、クリエイティブなアイデアを生み出すための幅広いオプションが用意されています。
- 「構成参照」と「スタイル参照」によるクリエイティブコントロールの強化: Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)の「構成参照」と「スタイル参照」機能により、卓越したユーザーコントロールと最先端のビジュアル品質が実現します。構成参照により、参照用画像の構成にマッチした新しい画像をすばやく生成できるため、完璧なプロンプトの作成のための試行錯誤が不要になります。また、スタイル参照では、より高品質な出力が実行されるため、ユーザーは生成されるスタイルをより自由にコントロールし、パーソナライズすることができます。これらの機能を組み合わせることで、ユーザーは画像の構成とスタイルの両方を参照し、素早くアイデアを形にすることができます。
- 高品質な画像:Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、より高性能な照明、ポジショニング、バラエティによって、高品質な画像を提供します。人物のレンダリング(細かな特徴、さまざまなムードや表情)、複雑な構造、集合体も大きく改善しています。
- 豊富なディテールとプロンプトの精度:Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、テキストプロンプトとシーンをより深く理解しているため、長くて複雑なプロンプトを正確に反映し、より多くのディテールを含んだ画像生成が可能です。テキストレンダリングも改善され、明確なテキストディスプレイの画像生成が可能になりました。これにより、ポスターのようなアセットのアイデア出しがより効率的になります。
- イラストとアイコンの幅広いスタイル:Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、出力におけるイラストを大きく改善し、アイコンやロゴ、ラスター画像、線画をすばやく作成できます。Adobe Firefly Image 3 Foundation モデル(ベータ版)は、リンク ») ">Firefly.adobe.com の Adobe Firefly web 版から利用可能です。アドビは、Adobe Firefly を搭載した生成 AI 機能をアドビのアプリケーションで使うのに必要なリンク ») ">生成クレジットの割り当てを含む、無料プランと有料プランを提供しています。

Adobe Fireflyは、Adobe Stockなどのライセンスコンテンツを使って学習をしており、著作権や商標、ロゴなどの知的財産権(IP)を侵害しない商用利用のコンテンツを生成するよう設計されています。アドビは、多層的かつ継続的なレビューとモデレーションを行い、アドビのポリシーに反するコンテンツをブロック・削除し、Adobe Fireflyが生成したコンテンツに対するIP補償をユーザーへ提供します。

責任あるイノベーションへの取り組み
アドビは、説明責任、透明性に関する同社のリンク ») ">AI倫理原則に従い、AIを開発することを約束します。リンク ») ">アドビの最近の調査では、米国の消費者の76%が、オンラインコンテンツがAIによって生成されたものかを知ることが重要と考えていることが分かりました。AI利用の透明性を確保するため、Adobe Fireflyで生成された画像すべてに、リンク ») ">コンテンツ認証情報が自動的に付与されます。デジタルコンテンツの成分表示ラベルのように、コンテンツクレデンシャルは改ざん検知可能なメタデータで、作成または編集プロセスでAIが使用されたかどうかなど、デジタルコンテンツに関する詳細な情報を提供できます。

コンテンツクレデンシャルは、C2PAオープンスタンダードに基づいて構築され、アドビが主導するリンク ») ">Content Authenticity Initiative(コンテンツ認証イニシアチブ、CAI)によってサポートされており、デジタルエコシステムの信頼性を高めるために、2019年に設立されました。現在、CAIはテック、政策、メディア企業、クリエイティブプロフェッショナル、研究者など、2,500人以上のメンバーを擁するグローバル連合に成長し、デジタルコンテンツに透明性をもたせるために協力しています。

■「アドビ」について
アドビはデジタル体験を通じて世界に変革をもたらします。
アドビに関する詳細な情報は、webサイト( (リンク ») )をご覧ください。

(C) 2024 Adobe. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドビ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]