【EMCジャパン Tech Communityサイト】◆製品リリース 2011/12/07◆EMC Greenplum DB V4.2を発表

EMCジャパン株式会社

2011-12-21

EMCは、2011年12月7日にGreenplum DB V4.2を発表しました。この最新バージョンでは大幅な機能拡張が行われており、クエリ・スピードの向上、リソースの利用率向上、システム管理機能の強化などが図られています。


■新機能の概要■


・メモリ管理の最適化
最新バージョンでは、クエリの処理フェーズごとにメモリの割り当てが可能になり、クエリのスピードが向上しました。


・テーブル・パーティションのエンハンス
クエリプランナの拡張により、テーブル・パーティショニング時の性能が大幅に向上します。


・カラム単位の圧縮機能
カラム単位で圧縮アルゴリズムや圧縮レベルを選択可能になりました。例えば、普段はほとんど参照しないカラムは高圧縮に設定するなど、カラム毎に圧縮レベルの設定などが可能です。この機能をうまく活用することにより、ストレージの利用効率を向上させることができます。


・Oracle関数への対応が拡張
最新バージョンでは、日付関数や文字列関数、算術関数など、20以上のOracle関数に対応しました。これにより、既存のクエリを極力書き換えることなく、DBのマイグレーションやバッチ処理の最適化が可能となります。


・バックアップ機能の強化
Data Domain Boostに対応しました。これにより、重複除外を行ってからバックアップができるようになり、バックアップがより高速になります。


・拡張機能のパッケージ化
PostGIS、Pgcrypt、PL/Rなどの拡張機能が、新しいパッケージ・マネージャによりパッケージ化され、導入が容易になりました。


・システム管理ツールのエンハンス
従来のシステム管理ツールでは、各サーバ・リソースの利用率のモニタリングまででしたが、新しい管理ツールでは、Greenplumクラスタ全体のモニタリングに加え、設定、スタート/停止などの操作も可能になりました。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]