【EMCジャパン Tech Communityサイト】次世代イノベーションを支える"トラスト" 今後問われてくるTRUSTは、たとえばクラウド評価の物差しとなる

EMCジャパン株式会社

2012-01-11

"TRUST(信頼)"のフレームワークが、企業や社会が必要とするクラウド基盤の評価や、ビジネス革新の必要不可欠な重要要素となります。


クラウド・コンピューティングは、経営に直結するメリットをもたらします。しかし、その飛躍的な効果を認めながらも、安全性に対する懸念を理由に利用をためらっている企業は決して少なくありません。IT環境だけでなく、社会や経済活動が大きな変化を迎えるときに求められ"TRUST(信頼)"へのニーズや要件も大きく変わります。ここではまず、クラウド・コンピューティングのトラスト(信頼)要件について説明するとともに、これらの要件をどのように満たしてクラウドへ移行していくべきかについて考察していきます。


■求められるTRUST(信頼)要件は6つ■


信頼できるコンピューティング環境とは、それがクラウド・ベースであるかどうかにかかわらず、以下の6つの要件を満たしている環境として定義されます。これらの信頼性要件は相互排他的ではありません。つまり、個人の特定が可能な情報を保護することは、プライバシー要件であると同時に法律要件であり、かつリスク管理要件でもあります。その一方で、6つの各要件に着目すると、それぞれ別の角度からコンピューティング環境の信頼性をとらえることが可能になります。ひとつひとつのTRUST要件は、相互に関連性を持ちながら、個々の要件を満たさなければならないといえます。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]