【EMCジャパン Tech Communityサイト】ビッグデータ分析のためのHadoopストレージ環境の構築

EMCジャパン株式会社

2012-03-29

■スケールアウトNASでHDFSをネイティブサポート、Hadoopストレージ環境の拡張性の向上と管理負荷の軽減■


ビジネスを加速させる新しいチャンスときっかけを探るため、あらゆる業界の多くの組織においてこれまでにない大量のデータ資産(ビッグデータ)をいかに活用できるかが検討されています。Hadoopはビッグデータの分析エンジンとして注目されている新しい技術で、データ処理中心の分散アプリケーションへの対応と、データの分析、特に非構造化データの分析にかかる時間の短縮を可能にします。EMC IsilonスケールアウトNASは、EMC Greenplum HDを含むApacheベースのHadoopディストリビューションの分散ファイルシステム(HDFS)をネイティブにサポートした、業界初でかつ唯一のエンタープライズNASソリューションです。ネットワークプロトコル上でHDFSを処理することで、お客様はビッグデータ分析に必要なストレージ基盤を導入できます。


■導入と管理をシンプルに■


シンプルさを特長とするEMC IsilonスケールアウトNASは、お客様がデータからビジネスの生産性を加速させるのに役立つ洞察をすばやく引き出すHadoopソリューションの構築を支援します。Isilonは巨大なDAS(Direct Attached Storage)プールの管理に伴う複雑さを解消し、HDFSにアクセスして標準プロトコルでデータをロードすることでワークフロー全体をさらにシンプルにします。また、EMC Isilon InsightIQ を導入することで、Hadoop分析ストレージ環境のパフォーマンスを監視することも可能です。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]