【EMCジャパン Tech Communityサイト】コスト効率の高いアーカイブ

EMCジャパン株式会社

2012-03-29

■主なメリット■


 ・ ストレージ管理の複雑さを解消
 ・ ストレージ階層間で効率的にデータ保存
 ・ ストレージの利用効率を最適化
 ・ ポリシーに応じて自動的にデータ移行
 ・ データ移行の作業負担を削減


■アーカイブ・ソリューション■


非構造化データが急激に増加するにつれて、長期間保管が必要なデータの管理が問題となっています。アイシロンのアーカイブ・ソリューションは、ポリシーベースのファイル・レプリケーションソフトウェアIsilon SyncIQを活用して、ファイルの種類、ファイルサイズ、頻度に基づいて、管理者の手を煩わせることなく自動的にIsilonクラスタからIsilonクラスタへデータを移行することが可能です。


■階層型ストレージ・ソリューション■


アイシロンの階層型ストレージ・ソリューションは、ポリシーベースのファイル・レプリケーションソフトウェアIsilon SyncIQを活用して、SシリーズやXシリーズ、NLシリーズといった性能、容量単価が異なるクラスタ間でデータの複製や移動を実現します。ファイルの移動は、一対一、一対多、多対多で、一方向または双方向ででき、一定時間が過ぎたのちにデータセットを削除したり、アラートやログ機能により、階層型ストレージにかかるコストを最小に抑えることが可能です。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]