【EMCジャパン Tech Communityサイト】ライフサイエンスの大容量分析データを集中型ストレージに保存

EMCジャパン株式会社

2012-04-18

■ライフサイエンス業界■


世界の産業の中でも特に研究活動に重きを置いているのがバイオテクノロジ産業です。バイオテクノロジ企業や製薬企業では、かつてないほどテクノロジの影響力が強まってきています。テクノロジを効果的に使えば、R&D(研究開発)プロセスを長期的に削減し、収益を増加させ、そして何よりも、多くの人びとの生活の質を向上させることが可能です。ライフサイエンスで取り扱われるデータの量は膨大で、非直線的に増加するという特徴を持っています。科学者や研究者がこれらのデータの有用な情報を管理し、抽出できるようサポートする知識・分析インフラストラクチャのコアとなるのが、集中型ストレージ・アーキテクチャです。


■アイシロンによる主なメリット■


 ・ 1ランあたりの劇的なサンプル処理性能
 ・ 膨大な臨床データへの瞬時のアクセス
 ・ 汎用分析システムとの容易な統合
 ・ 比類ない使いやすさとコスト効率
 ・ 研究データへの容易なネットワークアクセス


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]