【EMCジャパン Tech Communityサイト】EMC Isilon OneFS テクニカルホワイトペーパー

EMCジャパン株式会社

2012-07-18

■要約■


このホワイトペーパーでは、EMC Isilon OneFSオペレーティングシステムおよびファイルシステムを構成する主なソフトウェアコンポーネントとハードウェアコンポーネントを詳細に検討します。
容量とパフォーマンスの両方に関して、非常に柔軟で管理しやすく拡張性が高いエンタープライズソリューションOneFSのソフトウェア、ハードウェア、分散型アーキテクチャ、さまざまなデータ保護メカニズムの詳細について説明します。


■はじめに■


2000年、従来のストレージアーキテクチャとファイルベースのデータの増加ペースに課題があることを認識したIsilonの創設者たちは、OneFSオペレーティングシステムという革新的な新たなストレージアーキテクチャへの取り組みを開始しました。EMC Isilonストレージの根本的な違いは、多数の汎用ハードウェア全体に渡ってデータを拡張できるインテリジェントなソフトウェアにより、パフォーマンスと容量の大幅な増加を可能にした点です。ファイルシステム、ボリュームマネージャ、RAIDという従来のストレージモデルの3つの層は、小規模なストレージアーキテクチャのニーズに合わせて進化してきましたが、複雑さが大幅に増大し、ペタバイト規模のシステムにはうまく適用できません。OneFSはこれらすべてを置き換えるもので、拡張可能な組み込みのデータ保護を使用した統合ファイルシステムによって、ボリューム管理の必要性を排除しています。OneFSは膨大な容量への拡張性を備え、極めて効率の高い、スケールアウトインフラストラクチャを構成する基礎となります。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]