【EMCジャパン Tech Communityサイト】EMCユニファイド・ストレージに MICROSOFT EXCHANGE SERVERを導入する5つの利点

EMCジャパン株式会社

2012-08-01

■Microsoft Exchangeのサービス・レベルを向上し、Exchangeのコストを40%まで低減するストレージ・ソリューションがついに登場しました。■


1. EXCHANGEのストレージ・コストの低減


EMC VNXシリーズのストレージは、低コストで最適化された容量のドライブを利用し、Microsoft Exchange Server 2010を優れた費用効果で実行できようにします。シン・プロビジョニングを使用することで、成長に合わせて費用を投入して、必要に応じてリソースを追加できます。

ケベック州を本拠地とするSherWebでは、シン・プロビジョニングと最適化された容量のドライブを組み合わせることで、Exchange(ユーザー数10 万人)をホストしているインフラストラクチャのストレージ・コストを30%削減しました。

バージニア州を本拠地とするApptixは、同じ組み合わせを使用し、2 万社、20 万人を超えるユーザーに拡張性の高いExchangeホスティング・サービスを提供しながら、所有コストを40%まで削減しました。


2. EXCHANGE のパフォーマンス向上


低コストドライブによるパフォーマンス低下を心配する必要はありません。

EMC のFAST Cacheがこの問題を解決します。FAST Cacheではフラッシュ・ドライブを利用して書き込み/ 読み取りキャッシュを拡張します。FAST Cacheを使用しない構成と比較して、ExchangeのIOPSが倍増し、応答時間が短縮されます。


続きはこちらから (»リンク)


EMCジャパンのTech Communityサイト (»リンク) では、ストレージや情報管理に関する最新技術を多数紹介しています。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]