編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

<追加開催決定!>電子決裁(ワークフロー)/文書管理(ファイリング)セミナー 総務ご担当者必見! スピーディ×ローコストで実現する、決裁文書管理システムの導入のコツ教えます。

京セラコミュニケーションシステム株式会社

2009-01-08

開催場所: 東京

開催日:  2009-02-09

申込締切日: 1970-1-1

見積書や契約書、稟議書など企業に求められる決裁文書の電子化・管理を行う上での注意すべきポイントや、システム化に向け必要な機能や運用など、事例をもとに紹介。
“稟議管理パック”のキャンペーンを実施中。

近年、企業の意思決定プロセス記録である“稟議書”は、内部統制の視点や会計監査の対象書類として、決裁ルールの徹底、決裁履歴、原本など、さまざまな管理が求められております。
先進的にシステム化に取組まれたお客様においても、「問い合わせ対応において、過去の稟議書を探すのが面倒だ」「原本の管理業務は、相変わらず属人的でコストがかかる」など、いまだ多くの課題を抱えておられます。
本セミナーでは、稟議書をはじめとした決裁文書の管理をおこなう上でのポイント、システム化に向け必要な機能・運用などを、弊社での構築事例をもとにご紹介いたします。また、スピーディ×ローコストで実現することができる電子決裁/文書管理ソリューション“稟議書管理パック”についてもあわせてご紹介いたします。現在、期間限定でこちらの“稟議書管理パック”の特別価格キャンペーンを実施しております。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]