編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

翻訳ドキュメントタイプによる最適フローの紹介セミナー

SDLジャパン株式会社

2012-02-01

開催場所: 東京

開催日:  2012-02-21

申込締切日: 2012-2-17

SDLジャパンは、翻訳メモリソフトウェアを開発販売している企業です。
世界の翻訳のプロフェッショナル185000人にお使いいただいています。

今回は、翻訳対象ファイルや翻訳納品の形態によって、最適なツールの使い分けのヒントをお伝えするセミナーです。
ドキュメントの翻訳はSDL Tradosで、ソフトのUI翻訳はSDL Passoloで
と思われている方、ExcelやCHM(オンラインヘルプによく使われる形式)をSDL Passoloで翻訳することができるのをご存知でしたでしょうか?
実際にExcelファイル、CHMファイルを使用した処理の流れをご覧いただきます。
翻訳業務やフォーマットに合わせて効率の良いツールで処理する為の判断をして頂けるようになります。

また、以下の機能を持つSDL OpenExchangeのアプリケーションの役立つ運用ヒントも含めてご紹介します。
-- Wordを使ったレビューフローを支援するツール
-- SDL Trados Studioでサポートしていないアプリケーションからでも、Studioの翻訳メモリに
アクセス可能なツール

翻訳フローを改善したいとお思いの方、翻訳をもっと効率的にしたいと考えている方には最適なセミナーです。
お申し込みをお待ちしております。

SDLジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]