ランサムウェア攻撃を未然防止!攻めの対策「エンドポイントの特権ID管理」とは?

株式会社マクニカ

2023-11-10

開催場所: WEB

開催日:  2023-12-04

昨今、ランサムウェア攻撃による被害が相次いでおり、日本国内においてもその被害は後を絶ちません。

多くのセキュリティ対策が存在する中で、何故、未だに被害が発生するのか、その要因の1つとしては従来のセキュリティ対策の多くは、「検知・ブロック」を目的としており、「攻撃を未然に防止する」、つまり「予防」の観点での対策が不十分であることがあげられます。

「予防」の観点での対策として、「エンドポイントの特権ID管理」が重要となります。エンドポイントの特権ID管理を行うことで、攻撃者の動きを封じ、被害を最小化することに繋がります。

そこで今注目されているのが、「Endpoint Privilege Manager(EPM)」です。EPMは「エンドポイントの特権ID」を保護することで攻撃者が攻めにくい、嫌がる環境を作り出すソリューションです。

本セミナーでは、なぜエンドポイントの特権IDを守ることが攻撃に対しての予防策となるのか、他のエンドポイント製品とのカバー範囲の違いについてEPMの製品概要の説明・デモを交えて解説いたします。

ランサムウェア攻撃対策に興味があるお客様や、エンドポイントの特権ID管理に課題をお持ちのお客様は是非ご参加ください。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]