編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

安心して使い続ける、
そして新たなビジネス価値を創造するために

”あたりまえ”になった今だから・・・あらためて考えるエンタープライズシステムでオープンソースのメリットとリスク

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)やバイモーダル戦略など、ビジネス活動におけるデジタルの重要性が高まる昨今。クラウドの普及やベンダーサポートの拡充などにより自社のビジネス基盤と言えるITプラットフォームにオープンソースソフトウェア(OSS)をつかうことは、あたりまえになっていると言える。むしろOSSだから、商用だからといった所を気にすることすら無くなっているかもしれない。そうした中、今、IT界隈で最も注目されているテクノロジーがコンテナ活用だろう。ここでもコンテナ実行環境のDockerやオーケストレーションツールであるKubernetesなどのOSSに期待が集まっており、開発、テスト環境のみならず本番環境での活用、さらにはマイクロサービスアーキテクチャの実現などビジネスの価値を広げる大きな可能性を持っている。しかし、このように市民権を得たOSSだが、なぜクローズな商用ソフトウェアではなくOSSを使うのか、そのメリット、本当の意味をわかって使っている企業はどれほどあるのだろうか。そしてメリットの裏側にあるリスクについてどのように考えているのか。

 本企画ではOSSを活用するメリットや意義、そしてOSSの持つ可能性と、OSSを安心して使い続けるために考えておきたいことの「攻め」と「守り」の双方の観点からDX時代のOSS活用について戦略と具体的な施策を紹介します。

関連資料

関連記事

最新ウェビナー & イベント

Online Meetup:オープンで相互運用可能なハイパーコンバージドソリューション

オープンで相互運用可能な最新のHCIソリューション最新リリース『Harvester』を紹介します。技術エキスパートにより、HarvesterとSUSE Rancherが、仮想化されたワークロードとコンテナ化されたワークロード間のインフラストラクチャの複雑さを解決することで、企業がスタック速度を最新化するのにどのように役立っているのかを紹介します。
提供:SUSEソフトウエアソリューションズジャパン株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年1月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]