編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

イレブン・ナイン

用語の解説

イレブン・ナインとは

(99.999999999%,eleven nines,)
イレブン・ナインとは、半導体結晶の純度を示す値で、99.999999999%という限りなく100%に近い純度で精製された結晶のことである。
9が11個並ぶためにイレブン・ナインと呼ばれている。 トランジスタやダイオードなどの回路は、シリコンなどの半導体物質を材料としているが、イレブン・ナインのように極めて純度の高い半導体はほとんど電気を通さない。 このような高純度の半導体は真性半導体と呼ばれる。 半導体技術技術では真性半導体に微量の不純物を混入させることで、最適な伝導率をもった半導体の製造を実現している。 なお、イレブン・ナインに次ぐ純度レベルとして、9が10個並んだ99.99999999%の高純度に精製された半導体はテン・ナインと呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]