編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

キャリッジリターン

用語の解説

キャリッジリターンとは

(行頭復帰,Carriage Return,CR,)
キャリッジリターンとは、文字コード体系において、カーソルを文頭へ戻すことを表す制御文字である。
ASCIIやUnicodeなどに登録されている。 Windowsでは、キャリッジリターンはラインフィード(LF)と組み合わせて行頭復帰および改行(CRLF)のセットで使用される。 Mac OS XやUNIXではLFのみが用いられる。 Mac OS 9以前のクラシックOSではCRのみが利用されていた。 キャリッジ(carriage)は、タイプライターで文字を打ち込みながら移動する部品の名称である。 タイプライターでは、キャリッジを先頭位置に戻し、同時に紙送りを行うことによって、CRLFに相当する改行が行われる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]