ソースレベル互換

用語の解説

ソースレベル互換とは

(ソースレベルゴカン)

 2つのプラットフォーム上で共通のソースコードが利用でき、各プラットフォーム上で個別にコンパイルを行なえばそれぞれの環境でプログラムを動作させられること。

 プラットフォーム同士がバイナリ互換の場合は、同時にソースレベル互換も実現されているが、特にソースレベル互換というときはバイナリ互換は実現されていない。

 主にLinuxなどのオープンソースOSでは、ソースコードの入手が容易なため、バイナリ互換よりも実現が容易なソースレベル互換が重視される傾向にある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]