タブレットPC

用語の解説

タブレットPCとは

(タブレットピーシー,Tablet PC,)
タブレットPCとは、Microsoftが提唱するモバイルPCの規格で、液晶ディスプレイとペン入力を主とする、ポータブル液晶ディスプレイのような携帯端末のことである。
OSにはWindows XP Tablet PC Editionと呼ばれる、Windows XPの機能が拡張されてペン型入力機器(スタイラスペン)による操作を実現したOSが採用されており、ほとんどディスプレイのみで持ち運び・操作が可能である。 タッチパネルディスプレイとスタイラスペンのみを備えたピュアタブレット型と呼ばれる機種の他に、キーボードを備えてノートPCとピュアタブレットの中間に位置するコンバチブル型と呼ばれる機種がある。 いずれも、マウスやフルサイズキーボードなどの周辺機器を接続すれば、デスクトップ型として用いることが可能となる。 Windows XPの機能はすべてサポートされているので、Windows XP Tablet PC Editionの基本的な機能はWindows XPに勝るとも劣らない。 なおWindows XP Tablet PC Editionでは、Windows Journalというアプリケーションソフトが追加されている。 これは、ペンがマウスに代えて選択や移動に用いられるだけでなく、手書きによる文字入力や描画、あるいは手書き文字をテキストデータに変換し保存するなどの機能も持ち合わせているため、手書きで入力された文書の保存や閲覧、編集を可能とするために用意されたものである。 ちなみに、タブレットPCでは専用のスタイラスペンはデジタルペンと呼ばれ、同じくペンによって書かれた文字がデジタルインクと呼ばれる。 ペン入力以外にも音声認識機能を備え、声でコンピュータを操作したり、あるいは口述筆記によるテキストデータの作成なども可能とする。 無線LANによる通信機能も標準で装備されている。 日本では主に東芝、富士通、NEC、日本ヒューレット・パッカードなどが販売を始めている。 価格はおおむねノートパソコンよりも1割2割程度の割高となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]