ノンブロッキングキャッシュシステム

用語の解説

ノンブロッキングキャッシュシステムとは

(ノンブロッキングキャッシュシステム)

 メモリキャッシュシステムの構成方法の1つ。

キャッシュミスが発生した場合でも、CPUからのキャッシュへのアクセスが可能で、命令の実行を継続できるようにするもの。

 Pentiumなどのプロセッサは、キャッシュミスが生じると、メインメモリからキャッシュへのデータ転送が行なわれている間、キャッシュへのアクセスができなくなり、命令の実行が止まってしまう。 これに対し、ノンブロッキングキャッシュシステムを備えたPentium IIでは、同時に4つまでのキャッシュミスを保持しながら、CPUからキャッシュへのアクセスを継続して行なうことができる。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]