ファイル共有ソフト

用語の解説

ファイル共有ソフトとは

(ファイルキョウユウソフト,ファイル交換ソフト,P2Pソフト,ピーツーピーソフト ,file sharing software,file exchange software,)
ファイル共有ソフトとは、コンピュータ間でファイルを共有して利用するためのソフトウェアのことである。
ファイル共有ソフトでは、一般的に、ファイル共有のための専用のインターフェースにより、サーバーを経由しないで直接コンピュータ同士で通信をするピアツーピア(P2P)技術が用いられる。 著作権法違反、情報漏洩問題で世間を騒がせたWinnyは、ファイル共有ソフトの代表例である。 なお、ここで言う「ファイル共有」は、ネットワークドライブによる「ファイル共有」とは別のものである。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]