フォトニック結晶

用語の解説

フォトニック結晶とは

(フォトニックケッショウ,photonic crystal,)
フォトニック結晶とは、発光や光の伝搬といった光機能を人工的に制御するための新しい材料で、光の波長と同程度の周期的な屈折率分布をもった結晶体のことである。
フォトニック結晶を構成する物質の組み合わせ方によって、結晶中にある波長域の光が伝播しないフォトニックバンドギャップという部分が形成される。 実質的に光が存在できないフォトニックバンドギャップの性質を利用し、結晶内部で光を制御する研究が進められている。 フォトニック結晶は超小型の光導回路として、あるいはレーザーやセンサーの基板材料といった発光デバイスの高性能化を実現する素材として、非常に注目を集めている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]