フリップフロップ

用語の解説

フリップフロップとは

(フリップフロップ回路,flip-flop,flip-flop circuit,)
フリップフロップとは、電気回路の一種で、「0」と「1」の値によって1ビットの情報を表現し、それを保持することができる回路のことである。
フリップフロップは基本的に一対のスイッチング素子から構成されている。 フリップフロップから出力された情報はフリップフロップ自身にフィードバックされ、通電状態である限りにおいて情報を保持することができるようになっている。 フリップフロップの種類としては、RSフリップフロップ、JKフリップフロップ、Dフリップフロップ、Tフリップフロップなどがある。 フリップフロップは2進数情報の入出力を高速に行うことが可能であるため、コンピュータのキャッシュメモリやレジスタなどとして用いられることがある。 フリップフロップを用いたメモリはSRAM(Static Random Access Memory)と呼ばれる。 SRAMは高速アクセスが可能である他に低消費電力であるというメリットを持っているが、比較的コストが高くつくという難点がある。 ちなみに、「フリップフロップ」(flip-flop)とは元々、パタパタという擬音や「トンボ返り」という意味をもった英語である。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]