ブラインドタッチ

用語の解説

ブラインドタッチとは

(ブラインドタッチ)
ブラインドタッチとは、キーボードによる情報入力(タイピング)の中でも、打つキーを目で確認しなくても正しくキーボード入力を行うことができることである。
従来はブラインドタッチとも呼ばれていたが、盲目(blind)という意味が忌避されて用いられなくなり、替わってタッチタイピングという言葉が用いられるようになっている。 ブラインドタッチは、キーボードに視線を落とす手間を省くことができるので、キーボード入力の手間を大幅に削減することができる。 外見上、「できる」人間に見えるという効果もある。 ただ、ブラインドタッチを行うためには、キーボードの全てのキー配置と、各指が各キーを誤りなく押すための総合的な感覚を身につける必要がある。 ブラインドタッチを行うためには手の基本的な位置を定めておく必要がある。 一般的には、ホームポジションと呼ばれる位置を基準位置とすることで常に定位置からタイピングが行えるようにされる。 キーボードに視線を落とさなくてもホームポジションに配置できるように、ホームポジションで両手の人差し指が触れる[F]と[J]には、キートップに小さな凸が設けられている。 PC/AT互換機では[F]と[J]にあるが、Macintoshでは[D]と[K]のキーにある場合もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]