ブレーンストーミング

用語の解説

ブレーンストーミングとは

(ブレインストーミング,ブレインストーミング法,ブレスト,課題抽出,BS法,brainstorming,)
ブレーンストーミングとは、ある議題についてアイデアを出したい場合や、問題点を列挙したい場合などに、複数人が集まって自由に意見を述べる方法のことである。
この方法により、新たな発想を生みだすことが期待できる。 ブレーンストーミングにはいくつかのルールがある。 1つは、人の意見を否定しないことである。 意見が否定されると、否定された本人も、その場にいる他者も、新たなアイデアを言い出しにくくなってしまうためである。 また、もう1つのルールは、意見の質よりも量を重視することである。 突飛な意見や個人的に重要ではないと思われる意見も、すべて思いついたことは発言し、列挙することが大事だとされている。 ブレーンストーミング後には、列挙された情報を整理することが必要である。 この整理には、放射状にアイデアを記していくマインドマップやアイデアをカードにまとめて整理するKJ法などが用いられる。 複数の意見の共通点や、意見を結び付けることによる意外な発見から、新たなアイデアの創出が期待できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]