編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロフォーマット

用語の解説

マイクロフォーマットとは

(microformats)
マイクロフォーマットとは、Webページについての情報を記述するための共通形式のことである。
microformats.orgが仕様化と普及促進のために活動している。 マイクロフォーマットはHTML(XHTML)をベースとしており、あらかじめ決められた簡単な構文を用いてWebページに直接記述することにより、そのページのメタデータを表現することができる。 マイクロフォーマットを用意しておくことによって、そのWebページが「何について」「どのようなことを」述べたページなのかといった情報を、対応するWebクローラや各種アプリケーションなどに提供できる。 マイクロフォーマットの構文の主な種類としては、個人や組織のプロフィール情報を記す「hCard」や、イベント・カレンダーとしての情報を記す「hCalendar」、書籍や音楽などについてのレビューを示す「hReview」などがある。 そのほか、コンテンツのライセンスを記す「rel-license」や、検索エンジンがクローリングしないようにする「rel-nofollow」などの仕様も策定されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]