編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マルチタッチ

用語の解説

マルチタッチとは

(マルチタッチジェスチャー,マルチタッチ操作,multi-touch,multi touch gestures,)
マルチタッチとは、タッチパネルやタッチパッドなどの入力インターフェースで、同時に複数の箇所に接触することで複雑な操作を可能とする方式のことである。
マルチタッチでは、タッチパネルが2点以上のタッチを検知し、タッチ操作の組み合わせで操作できる。 従来のタッチインターフェースにおける1ヵ所のタッチによる操作(シングルタッチ)の方式と比べて、多様で複雑な操作が可能となっている。 一般的には複数回の操作手順が必要だった画面の拡大・縮小のような操作も、片手で、1度の動作だけで実現可能となっている。 マルチタッチはApple Computerが販売するMacBookやiPhoneなどの製品で採用され、画期的なインターフェースとして注目されるようになった。 iPod touchやMacBook Airにもマルチタッチが採用されている。 具体的な操作として、Apple製品の例を挙げれば、2本指スクロール、回転、ピンチイン、ピンチアウト、3本指スワイプ、3本指ピンチ、4本指スワイプなどがある。 なお、指1本で操作できるタップやフリックは、厳密にはマルチタッチではないが、マルチタッチジェスチャーが実現する一連の操作法の一つとして含めて扱われていることも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]