編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メタステーブル

用語の解説

メタステーブルとは

(metastable)
メタステーブルとは、電子回路において、セットアップ時間やホールド時間が一定時間を超えた場合に、出力信号が不安定になる状態のことである。
メタステーブルは、信号の一時記憶を行うラッチ回路や、出力を安定させることのできるフリップフロップ回路などにおいて発生する。 メタステーブルが発生すると、回路の出力が0と1の閾値の中間的な電圧を維持し続ける。 メタステーブルはある程度持続した後、自然に0か1かいずれかで安定した状態に戻る。 メタステーブルが発生すると、他の回路の誤動作を誘発する可能性がある他、素子を劣化させる原因にもなりやすい。 メタステーブルの発生を完全に抑止することは困難であるが、メタステーブルが発生しても支障を来たさない回路構成にすることによって障害を回避することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]