編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メモリリーク

用語の解説

メモリリークとは

(memory leak)
メモリリークとは、コンピュータを動作させている内に、使用可能なメモリの容量が減っていってしまう現象のことである。
起動されたアプリケーションは、プログラムを実行するための一定量のメモリ容量を確保し、必要がなくなり次第メモリを開放している。 メモリリークは、プログラムが処理のために確保したメモリ領域が開放されないまま放置された場合に発生する。 メモリリークによって自由なメモリ領域が減少すると、動作が不安定になったり、修理速度が極端に低下する。 メモリリークの発生する原因としては、OSのメモリ管理システムに不具合があったり、アプリケーションの中にいつまでも処理できないバグが残っていたりすることなどが挙げられる。 メモリリークを解決するにはシステムを強制終了して再起動する必要がある。 OSがガベージコレクションと呼ばれる機能を持っている場合には、プログラムが使用中メモリの隙間に存在する空きメモリ領域を探し出して集めてくるので、メモリリークの発生が大幅に低減される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]