編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

モックアップ

用語の解説

モックアップとは

(mock-up,mockup,)
モックアップとは、実物とほぼ同様に似せて作られた模型のことである。
特に携帯電話の見本品を指すことが多い。 携帯電話の機種は数多い。 そして選択される際、多くは外見や重さ、手に持った感じなどが重視されるので、購入の前には実物の使用感を確かめたいという要求がことのほか強い。 けれども、新しい機種が続々と発売される状況にあっては、そのつど実物の中からいくつかを展示用に確保しておくのでは損益が大きくなる。 このような理由で、携帯電話の外装と重量だけが忠実に再現されたモックアップは店頭において急速に普及した。 また他にも、テスト用として内部装置のみが再現された電子機器などのように、外観を省略したものもモックアップと呼ばれる。 再現される個所と省略される個所は、用途によって様々となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]