編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

ワークシート分析

用語の解説

ワークシート分析とは

(ワークシートブンセキ)
ワークシート分析とは、Excelにおいて、セルに入力された計算式がどのセルを参照していたかを確認できる機能のことである。
セルどうしの参照の関係が矢印で視覚的に表示されるので、計算の関係を確認したり、あるいはエラーの原因を特定したりといったことが可能になる。 ワークシート分析を行うには、計算値が入力されたセルをクリックしてアクティブな状態(アクティブセル)にし、[ツール]メニューから[ワークシート分析]を選択し、[参照元のトレース]を実行すればよい。 するとアクティブセルと参照元であるセルにわたって青色の矢印が引かれる。 矢印をダブルクリックすれば、アクティブセルが参照元と参照先を移動するので、参照していたセルがかなり隔たっているような場合でも一発で移動することができる。 なお、青色の矢印を消去するには、[ツール]メニューの[ワークシート分析]から、[すべてのトレース矢印を削除]を選択すればよい。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]