編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

基本情報技術者

用語の解説

基本情報技術者とは

(キホンジョウホウギジュツシャ,Fundamental Information Technology Engineer,)
基本情報技術者とは、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)情報処理技術者試験センターが開発した、情報処理技術者スキル標準のガイドラインによって、役割と業務、および、期待する技術水準が定められた技術者のことである。
基本情報技術者は、基本情報技術者試験によって認定される国家資格であり、2000年までは第二種情報処理技術者と称されていたが、2001年の制度改定により、新たに基本情報技術者と呼ばれるようになった。 基本情報技術者の上位レベルには、ソフトウェア開発技術者(旧来の第一種情報処理技術者相当)がある。 基本情報技術者には、基礎レベルのアルゴリズムやデータ構造に関連する技術の取得が求められる。 その上で、ソフトウェア開発技術者が作成した内部設計書を元に、プログラム開発、単体テスト・結合テストの一連の業務を首尾良くこなすスキルが求められている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]