編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

汎用京速計算機

用語の解説

汎用京速計算機とは

(ハンヨウケイソクケイサンキ)
汎用京速計算機とは、文部科学省を中心に開発が進められているスーパーコンピュータの名称、ならびにそのコンピュータを開発する産官学連携のプロジェクト名である。
最終的には「京」(けい)と命名された。 汎用京速計算機は2010年の運用開始を目標として開発が進められており、処理性能は運用開始の段階で10PFLOPS(ぺタフロップス)に達するとされている。 10PFLOPSは1秒間に1京回の浮動小数点演算が可能であることを表す値であり、2002年に運用が開始されたスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」と比べると、250倍以上の性能を実現することになる。 汎用京速計算機の開発プロジェクトは2006年度から2012年度までの7ヵ年計画としてスタートした。 2009年11月には事業仕分けによってプロジェクト凍結の危機にもさらされたが、プロジェクトは継続された。 2010年7月に名称が「京」に決定、2011年4月に一部稼動を開始。 2011年6月の「スーパーコンピュータTOP500」ランキングでは、国産のスパコンとして「地球シミュレータ」以来7年ぶりとなる第1位の座を獲得した。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]