編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

BIND

用語の解説

BINDとは

(バインド,)
BINDとは、カリフォルニア大学バークリー校(UCB)で開発された、サーバーにDNSサービスを実装するためのソフトウェアの名称である。
BINDはフリーソフトウェアとしてソースコードが無償で公開されている。 BSD系のUNIXにおいて初めて実装されたが、BSD UNIXに限らず様々なサーバー環境において実装することが可能である。 BINDはDNSサーバーのデファクトスタンダードとして、世界中で運用さるDNSサーバーの大半で用いられているといわれている。 2006年現在、BINDの最新版はBIND9であり、DNSのセキュリティを向上させるための拡張仕様であるDNSSEC(DNS Security Extensions)などの機能が新たにサポートされている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]