COMET II

用語の解説

COMET IIとは

(コメットツー,COMET 2,)
COMET IIとは、情報処理技術者試験の問題の中で扱われる仮想的なコンピュータの名称である。
COMET IIは8個の汎用レジスタやスタックレジスタ、フラグレジスタなどを搭載した16ビットマシンであると設定されている。 主記憶容量は65536語、1語長か2語長の命令を用いる逐次命令方式である。 COMET IIは情報処理技術者試験の受験者が公平に受験できるようにと開発された、実在しない計算機である。 2000年に汎用レジスタの設定変更などに伴ってCOMETからCOMET IIへとバージョンアップされた。 COMET IIのアセンブラ言語としては、同じくCASL IIと呼ばれる仮想言語が用意されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]