編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MCP

用語の解説

MCPとは

(エムシーピー,マイクロソフト認定プロフェッショナル,)
MCPとは、Microsoft製品の実践的スキルや知識を認定する、世界共通の資格のことである。
MCPには複数の科目があり、1つでも合格するとMCPとして認定される。 科目の分野はMicrosoftのサーバー製品の運用管理スキルや、ネットワークセキュリティの設定、ディレクトリサービスの設定からデータベースプログラミングのスキルなど、さまざまな分野に及ぶ。 資格認定者には、認定資格証明書とIDカードが送られる。 また、技術トレーニング、セミナー、特別イベントなどへの招待または優待などを受けることができる。 試験は日曜日を除く毎日行われており、MicrosoftのWebサイトから申し込むことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]